パーツ別!iPhone修理にかかる費用や期間

iPhoneのパーツ別修理について。修理にかかる費用や期間が知りたい! - iPhoneのホームボタンの効きが悪い!修理に出す時期って?

iPhone修理情報 iPhone修理情報サイト

アーカイブ

iPhoneのホームボタンの効きが悪い!修理に出す時期って?

iPhoneのホームボタンは、使用年数とともに反応が悪くなっていくことがあります。
ホームボタンはiPhoneを使う上では絶対になくてはならないボタンで頻繁に使用するだけに効きが悪くなったり押しづらくなったりすると、とたんに不安になりますよね。
でも、ホームボタンは目に見える破損ではなくだんだんと故障していくため、どのタイミングで修理にだしたらいいのかわかりづらいです。
では、ホームボタンの不調パターン別に、どんな修理が適しているか、また修理に出すタイミングはいつなのか、詳しくご紹介いたします!

ホームボタンの反応が悪い

qweukyku
「何回か押すか、強く押さないとホームボタンが反応しない」というのは、ボタンのケーブルにダメージがある状態ということです。それにより接触不良を起こしているのが要因と考えられます。今すぐ修理!という深刻な状態ではありませんが、気になるという人はケーブルの交換による修理で直すことが可能です。

ホームボタンのズレ・めり込みで押しづらい

iPhoneを落としてしまったときに、まれにホームボタンがズレてしまうことがあります。その場合であれば、よほどのことがないかぎり、パーツ交換などもせずに修理のみでOKです。
しかし、長年の指圧でボタンが変形してめり込んでしまっている状態はホームボタンの交換が必要となります。

ホームボタンが割れている

破損がケーブルや他の部分などに影響せずボタンのみの破損であれば、ホームボタンのみの交換で済みます。しかし、割れた破片や衝撃などで周辺パーツにも影響がある場合はボタンに加え、破損パーツすべての交換が必要となります。
上記のようなホームボタンの故障は、受付から20分程度で比較的対応してくれます。ホームボタンの効きにはDockコネクタ部分の接触不良や故障も関係してくる場合もありますので、ホームボタンと一緒に周辺のケーブルも一緒にみてもらうことをオススメします。
iPhoneは高スペックな精密機器。それゆえに衝撃や無理な使いかたなどで画面がフリーズすることもあります。それはいろいろな状況下でいつでもなり得ることです。
もしもiPhoneがフリーズしてしまったら、あなたはどうしますか?
叩いてみる、そのまま放置しておく、ボタンを押し続ける…
qwuykuy
さまざまな方法があると思いますが、もしかしたらその方法はiPhoneを余計にフリーズさせている原因なのかも。
そんなiPhoneが固まって動かなくなってしまったときのパターンとその対処法について詳しくご紹介いたします!

フリーズのパターン別!正しい対処法

≪インターネット使用中にフリーズした場合≫

ネットサーフィン中は回線や容量の問題でフリーズすることがあります。その場合は、いったん強制終了し、再起動しましょう。
一度シャットダウンすることで次に起動したときにiPhoneがサクサクと動きやすくなります。

≪iTunesの使用中にフリーズした場合≫

「充電が足りない」ということはありませんか?もし電池マークが赤くなっていたら、すこし充電してみましょう。
それでも動かないようなら、パソコンに接続してiTunesから復元を行なってみてください。認識されないようなら、いったん電源を落とし、ホームボタンを押しながら再度USBケーブルを入れましょう。

≪アプリ使用中にフリーズした場合≫

アプリの容量などの関係でiPhoneが重くなってしまうことがあります。そういった場合にフリーズした場合は、アプリを強制的に終了させます。いったん落とすことでリセットされますので、起動時には通常の速度に戻っているはずです。
「iPhone自体が動かない」というときは電源をOFFにして再起動しましょう。
容量の範囲外での無理な使用はiPhoneをフリーズさせる大きな要因です。
フリーズすると最悪の場合データが飛んでしまう恐れもありますので、オーバーワークかな?と思ったらいったんiPhoneを休ませてみるのがオススメです。
iPhone修理
●http://mobilephoneprotector.jp/

更新情報

▲PAGE TOP

Copyright(C)2015 パーツ別!iPhone修理にかかる費用や期間 All Rights Reserved.